iPhone8のスペックをじっくり見る

  • 2017.10.17 Tuesday
  • 00:21

今年9月22日にiPhone8へ機種変更した。

直前までiPhone SEへMNPするつもりで

かなり急遽iPhone8へ変更することになり

実はそのスペックについては詳細はチェックしてない。

あらためて所有してるスマホの詳細を調べて

何が出来るのかなどを把握しておきたい。

 

■カラーと容量

僕はゴールドの64GBを選択した。

カラーが3つで容量が2つというのは

iPhone7に比べると選択肢が少なくなった。

でも64GBスタートは個人的にうれしい。

本当はiPhone7 128GBにしようかと思っていたけど

32GBじゃ足りず128GBは多すぎるってことで

64GBがちょうどよくて値段的にiPhone8 64GBは

iPhone7 128GBと大差なかったこともありこっちを選んだんだ。

 

■サイズと重量

iPhone7と比べるとわずかに厚くなっている。

また重さに関してはiPhone7の138gより10g増している。

これは背面がガラス素材になっているためかと。

まあ手帳型ケースをつけてるのであまり重さ負担は変わらないが

そのまま使ってる人には重さの違いが感じられるのかも。

 

■防水とCPU

iPhone8はIP67にたいおうした防水防塵性能をほこる。

水中で使うことはあまりないけどいざというときの安心感はあるかな。

CPUはA11。

毎年アップデートしているけどA10に比べて30%ほどの

性能アップとなっているようだ。

既にiPhone7のA10でも十分高速だったけどさらに高速化。

今度発売されるiPhoneXと同じCPUという点も大きい。

iPhone8がiPhoneXより劣る製品だったら

7でもいいかなと思ってたけどXと同じならと

購入の動機にはなったと言える。

ただこれだけの高性能チップも普段の利用では

使いこなせていないけど。

 

■液晶ディスプレイとCPU

液晶などは基本的にiPhone6から

4.7インチ1334x750というスペックは変わってない。

ただ広帯域の色にするなど改善はされているらしい。

あとタッチもiPhone7以降は3D TOUCHに対応してるようだ。

つまり強く押すことで別の操作が可能になるとか。

ただそのあたりまだ使いこなせていない。

 

■背面カメラ

写真のスペックは12M/f1.8で従来と変わらない。

iPhone6よりははるかに良くなっている。

iPhone7との違いでも高感度など画質がアップしてるらしい。

そして動画撮影はかなり強化されているようだ。

何より4k60pに対応してる点が大きい。

iPhone8を選ぶ理由の1つにもなった。

動画のコーデックもH265/HEVCにも対応している。

HEVC対応したことで従来の4k30pと同じビットレートで

4k60pの動画を撮影することが出来るようだ。

 

■フロントカメラ

フロントカメラはあまり使わないけど

700万画素F2.2のを採用しているようだ。

あまり使わないから正直分からないが

昔のに比べればHDR機能などがついて

顔の露出バランスがかなりいい感じに撮影出来るようだ。

ビデオチャットなどでは今後利用するかもしれない。

 

■Touch IDとApple Pay

指紋認証のTouch IDはiPhone6でも利用することが出来た。

非常に便利で重宝している。

様々なアプリなどでも認証に使うことが出来るので

手軽にアプリを利用するのにも最適だ。

複数の指の指紋を簡単に登録できるので右手や左手など

いろんな指で利用出来るのもいいね。

Apple Payもまた重宝している。

Felicaに対応しておりau walletをQuickPay+で登録したが

簡単にお店で買い物出来て本当に便利。

SuicaはApple watchのほうで利用している。

あとiPhone8のApple Payは国内と海外の差がなくなったらしく

海外のiPhone8でもSuicaが使えたり

国内のiPhone8で海外のNFC決済が使えたりするようだ。

海外旅行の時などに便利なのでいずれそうしたサービスは使いたい。

 

■対応周波数

対応している周波数は非常に多い。

日本だと

ドコモがBand1/3/19/21/28/42

AUがBand1/11/18/26/28/41/42

SoftbankがBand1/3/8/11/28/41/42

こんな感じですべてに対応している。

海外でも北米だとBand2/4/5/12/17などが使われてるが

それらにもばっちり対応している。

海外で利用する場合もそうそう困ることがなく

グローバルで使うことが出来るのは利点といえる。

SIMロック解除は購入日を1日目として101日目となる。

つまり100日後なので僕場合9月22日だから

12月31日にSIMロック解除が可能になるようだ。

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30 初月料金コミコミパック LTE通信2GB 通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

アメリカSIM h2o by KDDI MONTHLY$30

初月料金コミコミパック LTE通信2GB 

通話・テキスト・データ・国際通話も全部コミコミ!

そうすれば海外旅行時に海外SIMを利用するのも簡単。

ちなみにこのh20のSIMはAT&Tの回線を利用したもの。

実はこれはSIMロック解除しなくてもAUのiPhoneで使えるらしい。

 

■コーデック等

VoLTE対応は昨今当たりまえ。

あとは音声ファイルでFLACに対応するなどハイレゾ対応が進んでいる。

映像ファイルではH265/HEVCへの対応だろう。

CPUがパワフルになったことで再生できるファイルが

より増えている感じだ。

 

■バッテリーと充電

これを見る限り7と容量は同じ。

違いはやはりワイヤレス充電のQiに対応していること。

【Spigen】 ワイヤレス充電器 [ 急速充電 置くだけ充電 ] F301W Qi規格対応 ワイヤレス チャージャー iPhone X / 8 / 8 Plus / Galaxy S8 / S8 Plus /S7 / S7 Edge / S6 / S6 Edge / Note 8 / Note 5 / Nexus 5 / 6 対応 (F301W, ブラック)

【Spigen】 ワイヤレス充電器 [ 急速充電 置くだけ充電 ]

F301W Qi規格対応 ワイヤレス チャージャ(F301W, ブラック)

ワイヤレス充電に対応したことで

ライトニング端子を利用しての充電しなくても済み

端子が壊れるリスクも減っていいことばかり。

ただ背面がガラス素材になって少し重くなったのは難点だけど。

 

■センサー

指紋認証は当然として様々なセンサーを搭載している。

気圧センサーって搭載しているのね。

アプリで使えたりするんだろうか。

調べてみたら気圧計ってiPhone6から搭載されていたのね。

ってこは以前使っていたのにもついていたんだなあ。

 

ということでいろいろじっくり見てきたけど

とにかく高性能なスマートフォンであることは分かった。

これを今後少なくとも2年は利用していくわけで

大切に使っていきたいものだ。

ハイスペックをいかすのはゲームとかかなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

DJI OSMO mobileと動画撮影

  • 2017.10.16 Monday
  • 23:30

去年11月に購入したDJI OSMO mobile。

スマートフォン向けの3軸ジンバルだ。

最近6000円OFFのセールをしている。

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)

これにスマホを装着することで

スマホでの動画撮影が非常に安定して

手振れのない撮影が可能になる。

その威力は半端なくて

特に歩きながら乗り物に乗りながらなどの撮影では

圧倒的な安定した動画を撮影することが出来る。

 

僕は以前からスタビライザーに憧れがあった。

世界ふれあい街歩きという番組が好きでよく見てるが

あの番組は街歩きをカメラ視点で再現しているのだが

とにかくぶれない。

ピタッととまった状態で安定的に撮影出来ている。

それは大がかりのスタビライザーによるものだが

昨今登場した3軸ジンバルスタビライザーは機械式で

よりコンパクトに実現することが可能になった。

重量物を安定させるには大きな機構が必要だけど

スマホなら200g程度までなので軽量でコンパクトな

3軸ジンバルで安定させることが出来る。

多くのメーカーから登場しているが

ドローンで有名なDJIのを買ったのは

それが一番安定していると感じたから。

実際完成度はとても高くて今年に入って別のメーカーのも買ったけど

やっぱりDJIのが一番安定していていい感じだった。

 

スマートフォンのカメラを利用するので

撮影容量や撮影時間、画質などは全てスマホに依存をする。

iPhone8 plusなどの高性能カメラを使えば

超高画質の動画を撮影することが出来る

古いスマホならそれなりの画質だ。

僕はNexus5Xを利用している。

Google NEXUS 5X 32GB QUARTZ(White) LG-H791 SIMフリー [並行輸入品]

Google NEXUS 5X 32GB QUARTZ(White)

LG-H791 SIMフリー [並行輸入品]

1/2.3インチとスマホとしては

大型のセンサー搭載のカメラを持つ。

1080/60pには対応しないが4k30p動画撮影には対応。

Nexus5Xはカメラの画質評価は高いけど

動画の評価はあまり高くはなかった。

理由は画質は良いけど手振れ補正がないことだった。

このNexus5Xは光学手振れ補正を搭載していない。

ただその点DJI OSMO mobileを使えば全く問題ない。

手振れをOsmo mobileで抑えられれば画質の良いスマホで

個人的におすすめの1台といえる。

対応状況とか考えるとiPhoneがベストかもしれないけど・・・。

 

この組み合わせで1月のハワイ旅行で活躍。

春の桜やチューリップでの撮影にも利用して

8月には鹿児島旅行でメイン動画カメラとして利用した。

ただ最近はあまり利用してない気がする。

もっと利用を増やしたいところだけどなかなか利用が増えない。

また最近はビデオカメラ欲しい熱が高まっている。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍 内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam 光学30倍

内蔵メモリー64GB ブロンズブラウンHDR-CX680 TI

SONYのビデオカメラが欲しいなあと思ってて

それを買ってしまうとOSMO mobileの利用は減りそうだ。

もっと動画撮影を増やせば問題ないんだけど

なかなか増やしたくても増やせないのが実情だ。

 

動画撮影ってのは基本的に撮影しっぱなし。

5分撮影するならその5分撮影者は拘束される。

紅葉がきれいな場所に到着したら動画ではなく写真を撮りたい。

そうすると動画を撮影する時間がなくなってしまう。

海外旅行などだとすべてが動画撮影のチャンスなどで

移動時や食事、歩いているときなどの動画が増える。

移動時の動画撮影など3軸ジンバルの大活躍する場面といえる。

ただ国内だと僕は車を運転するので撮影ができない。

利用する機会がなかなか見いだせないんだなあ。

京都へ紅葉とか見に行けば

嵐山界隈を歩いて移動するときに動画撮影出来るけど

ピンポイントで車で移動してお寺などを見て回るとき

到着したら写真撮影モードになりなかなか動画撮影が併用しづらい。

ビデオカメラを買う買わない関係なく

普段の生活で動画撮影は増やしづらいのが現状なのかもしれない。

特に秋の紅葉時期はそういう傾向が強そうかなと。

 

出来るだけもっと動画撮影を増やしていけるよう

いつでも使えるようにスタンバイしておきたい。

もっと日常でこそ動画撮影に利用するべきかなと思う。

 

PS

僕が買ったのは楽天のこのお店。SkyLink Japanってところ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

IDとパスワード

  • 2017.10.16 Monday
  • 22:30

ネットサービスを利用する場合

アカウントIDとパスワードが必要になる。

IDは時として

メールアドレスだったり電話番号だったりすることもあるが

ともかくアカウントIDとパスワードの両方が必要になる。

ネットサービスやらショッピングやら

多くの人は10以上のアカウントを持っていることだろう。

そうしたアカウントやパスワードの管理は

どうしているのだろうか。

 

■同じアカウントID、パスワードの危険性

同じIDとパスワードを利用してると1か所から流出すると

他のサイトに被害が広がってしまう危険性がある。

アカウントIDはたいていお気に入りのユーザー名を使う。

パスワードは123456といった単純なものはハッキングされてしまうので

ある程度複雑なものを選ぶだろうがかといって覚えられないと困るので

AmazonとかTwitterとかYahooとかで同じパスワードを使う人が多い。

それどころかすべてのネットサービスでほぼ同じものを使う人もいるようだ。

もし1か所でハッキングなどで流出すると他の全部に被害を及ぼすことになる。

実際IDやパスワードが流出した際は

その流出したサイト以外での被害が大きい傾向があるようだ。

時にはIDやパスワードを盗み出すための偽サイトなどを設置して

よく使うIDやパスワードを収集するといったことも考えられる。

面倒だがパスワードは各サイトごとに変更するべきかと。

 

■パスワード管理ソフト・アプリの利用

たくさんのIDやパスワードなどは

とても覚えられないって人が多いだろう。

実際全て覚えている人はいないと思う。

それらはどこかしらに記録しておく必要がある。

トレンドマイクロ パスワードマネージャー (最新) | 3年版 | オンラインコード版

トレンドマイクロ パスワードマネージャー

(最新) | 3年版 | オンラインコード版

昨今はパスワードマネジャーといった管理アプリが多く出ている。

PCアプリだったりスマホアプリで出ている。

それらはブラウザと連携してログイン時に

自動でIDとパスワードを入力してくれたりする。

こうしたアプリの利用はありかと。

 

■パスワードメモ

ハイタイド パスワードブック ブルー CP013

ハイタイド パスワードブック ブルー CP013

僕もそうだけどIDやパスワードのうち

重要な物に関しては紙のメモ帳を利用している。

例えばメールアカウントなどはとても重要だ。

たいていネットサービスのIDやパスワードを忘れたら

メールに送ってくれるというものだがメールの

IDとパスワードを忘れてしまったらどうしようもない。

重要なものはこうしたパスワード帳に書いて

通帳や印鑑など重要なものと一緒に金庫に

保管しておくのもありではなかろうか。

 

■2段階認証

ネットサービスでIDとパスワードが流出しても

最近はそれだけではログイン出来ない場合が多い。

それは2段階認証を設定されてるケースがあるから。

僕もGoogle、Apple、Amazon、Twitterなどで

2段階認証を利用している。

2段階認証は

メールアドレス電話番号ワンタイムパスワード認証アプリなどが使われる。

ただメールアドレスは他の2つに比べて危険性が高いため

あまり最近は使われず電話番号かスマホ認証アプリが多い。

電話番号は自分の携帯の電話番号を登録することで

認証用の番号がSMSで送られてくる。

ネットサービス全般で広く使われている。

1つの電話番号で1つのアカウントといった具合に

複数アカウントを防ぐ取り組みとしても使われていたりする。

スマホ認証アプリはアプリを起動して

表示されたワンタイムパスワードを入力するというもの。

ネットゲームで広く使われているし

GoogleやAmazonなどでも使われている。

電話番号もスマホ認証jアプリもどちらとも

常に持ち歩くスマートフォンを認証媒体として使うもの。

IDやパスワードが入出しただけではログイン出来ないので

被害を防ぐことが出来る。

金銭的な被害が出やすいネットバンクでは必須ともいえる。

 

スマートフォンは常に持ち歩くので

IDやパスワード管理する場所としてはセキュリティは高いといえる。

ただ一方で二段階認証ではスマホが主に使われる。

パスワード管理と二段階認証を同じ端末で行うというのは

せっかく鍵2つ用意したのに同じ場所に保存するのと同じでは。

スマホが盗まれたりしたときのダメージが大きくなる傾向がある。

少なくともスマホに依存する場合は

スマホ自体のセキュリティを高める必要があり

指紋認証などは積極的に導入して管理するべきだろう。

最低でもパスコードの設定を利用しておいて

落として拾われたとき使えないように設定しておくべきかと。

 

ネットサービスを利用する場合など

電話番号のSMSを使った認証は多いので

SMS付きデータプランをMVNOで利用するのもありかと。

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ (ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・iPhone/Android共通・ドコモ対応][3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

LINEモバイル データSIM(SMS付き)エントリーパッケージ

(ナノ/マイクロ/標準SIM)[カウントフリー・

iPhone/Android共通・ドコモ対応]

[3GB×2ヵ月プレゼントキャンペーン中]

メインの電話番号とは別にMVNOを持っていれば

それを認証用として利用することが出来るし

複数アカウントを持ちたい場合などにも役立つことだろう。

SMSなしの格安SIMもあるけどSMSありだと

何かと役立つので選択肢としてありかと。

 

ということでIDとパスワードの管理。

よく使う20くらいは覚えているけど全部は覚えられない。

特に数回しか使ってないネットショップなんてまったく記憶にない。

そういうあまり使わないサイトほど

IDとパスワードが流出しやすく

そこから他のサイトの情報が盗まれたり金銭的な被害が出たりするから気を付けたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アマチュア無線・モービル機

  • 2017.10.16 Monday
  • 21:36

僕は学生の頃にアマチュア無線の免許を取得。

ハンディ機を購入して免許状を取得して利用を開始。

今はほとんど利用することはないけど

スタンダード FT-60 (STANDARD)144/430MHz FM 帯 デュアルバンドトランシーバー

スタンダード FT-60 (STANDARD)144/430MHz

FM 帯 デュアルバンドトランシーバー

アマチュア無線のハンディ機を持っていて

その気になれば交信をすることが出来る。

まあ全然利用してないけど免許状は更新し続けている。

 

ハンディ機は外で利用するイメージがあるが

学生の頃はこれで自宅でも利用していた。

当時マンションに住んでいたのでロケーションは良く

エアコン室外機に

第一電波工業 ダイヤモンド  144/430MHz マグネットマウントアンテナ(SMA-P) MR73S

第一電波工業 ダイヤモンド 144/430MHz

マグネットマウントアンテナ(SMA-P) MR73S

モービル用のマグネットアンテナをつけて更新していた。

これを車に積み込み登山時の移動で交信したり

ハンディ機として登山で利用したこともある。

もう遠い日の思い出だけど昔は結構アクティブに利用していた。

今は携帯電話やスマートフォンなど

連絡手段として携帯が普及して

コミュニケーション手段としてインターネットが普及したため

すっかりアマチュア無線の利用もなくなってしまった。

 

自宅にアンテナをたてるのもコストかかるし

そもそも家族もいるので自宅で交信するのもどうかと。

いろいろ考えているんだけどモービル機を買って

車で利用するのはどうだろうと考え始めている。

昔はアマチュア無線には

ハンディ機、固定機ともう1つモービル機というのがある。

ALINCO アマチュア無線機 144/430MHz モービルタイプ 20W DR-635DV

ALINCO アマチュア無線機 144/430MHz

モービルタイプ 20W DR-635DV

車に装着して利用することが出来る無線機で

昔は利用している人が多かった。

自宅にアンテナを立てるよりも安いし

車でロケーションの良い場所へ移動すれば

遠距離交信もしやすい。

また車内は1人の空間なので話しやすいなど利点が多い。

モービル機の導入を検討してみようかなあ。

 

ハンディ機を車で利用することもできる。

まずはそれで利用してみるのもありだろう。

モービル機の利点は

スピーカーフォンがついていて利用しやすいこと。

ハンディ機でも別途購入すれば同じように使えるけどね。

あとは液晶画面が大きくて視認性が良いこと。

また出力が大きくて遠距離交信しやすいこと。

ハンディ機だと3Wか5Wくらいまでだがモービル機は10W以上。

今は144Mhzや430Mhzだと4級でも20W使えるので

20Wに対応したモービル機が主流だ。

価格もそれほど高いわけではなくて

FTM-100D 八重洲無線 C4FM /FM 144/430MHzデュアルバンド トランシーバー 20Wバージョン 4アマ免許

FTM-100D 八重洲無線 C4FM /FM 144/430MHzデュアルバンド

トランシーバー 20Wバージョン 4アマ免許

デュアルバンドモデルで3万円台で買うことが出来る。

安い製品だとどちらかのバンド1つしかできない排他利用だが

3万円台半ばくらいのは2バンド同時受信対応なので便利に使える。

4アマだと20Wだけど3アマだと50W使える。

50W対応機との価格差は3000円ほどしかないので

理想は3級アマチュア無線免許を取得したうえで

モービル機を買うのが良いかなあと思っているけど。

 

こうしたモービル機は

自宅で利用することも可能だ。

そういう場合は安定化電源が必要になる。

ダイヤモンド GSS500 5Aトランス型安定化電源

ダイヤモンド GSS500 5Aトランス型安定化電源

ハンディ機を自宅で利用する場合も安定化電源を利用したもの。

うちにも1台あるしもう1台は自作したのがあったけど

既に捨ててしまったっけなあ。

昔は電子工作で安定化電源を作るってのがよくあったけど

今は無線機使う人がいなくなったので見かけなくなった。

需要もあまり高くないのか以前に比べると値上がりしてる感じかな。

 

ということでモービル機購入計画始動してるけど

まずは3級の免許を取得してみようかなあ。

免許証って変更なければ以前のまま。

第3級ハム国試 要点マスター 2017

第3級ハム国試 要点マスター 2017

頑張ってみようかなあ。

そういえば3級は電信があるからモールス信号覚えないとね。

ちょっとやる気出してみよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


recommend

【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI OSMO Mobile (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

スマホ用3軸ジンバル。動作の安定性や静粛性など3軸ジンバルの中でも最上位。現在6000円OFFセール中。

recommend

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM