ブルボンのルマンド

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 12:24

昨年にアイスクリームバージョンが発売され話題になった

ブルボンのルマンド。

僕は大好きでよく食べていた。

ブルボン ルマンド 13本×12袋

ブルボン ルマンド 13本×12袋

多分月に5袋以上は食べていたと思う。

軽い食感などでついつい食べてしまう。

あっという間に1袋食べきってしまって

ボリューム感はあまりなかったな。

ただしカロリーは少なくない。

 

今はダイエット中なので

とてもじゃないけど食べられない。

でも少しだけでいいから食べたいなあ。

確かルマンドにミニバージョンが出ていた。

ブルボン ミニルマンドFSキャラメル&ココア 210g

ブルボン ミニルマンドFSキャラメル&ココア 210g

もう少しダイエットを進めて

痩せてある程度目標を達成したらご褒美に

1個だけ食べて良いとか自分に許可してみようかな。

 

それにしても以前は

半端なくお菓子を食べていた。

ポテトチップスの170gくらいの大きいやつと

このルマンドを1袋とかを普通に1時間くらいで食べていた。

しかも夜に空腹になって深夜24時過ぎくらいに食べたこともある。

そりゃ太るだろうねえ。

今はその分苦労しているわけだが

食べるなら3時のおやつにしておくのが無難かと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SIMフリースマートフォンの進化は凄い

  • 2018.02.21 Wednesday
  • 00:20

最近のSIMフリースマートフォンは二極化しつつある。

元々SIMフリースマホを利用する格安SIMユーザーは

低価格を期待して利用し利用する人が多かった。

しかし今はメイン機として利用する人も増えて

より快適に使えるハイエンドモデルも人気に。

今や5万円を超えるSIMフリースマホを無得た。

一方で低価格モデルは高性能化して

今やミドルモデルを脅かす存在になりつつある。

 

そんな中で2万円前後の低価格モデルで

圧倒的な人気を誇っていたHuawei Nova liteの後継が

先日発売された。

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】

(データSIM(ナノ), Blue)

18:9の狭額縁液晶を搭載しWレンズカメラを搭載。

写真画質には定評あるHuaweiのハイエンドモデルの機能を搭載し

非常に満足度の高いスマホになった。これもまた人気となりそう。

今は25000円近い価格で売られているけど

今年後半になれば2万円に近づいていくことだろう。

 

一方で5万円を超えるモデルは

数多く発売されつつある。

Huawei、ASUS、HTCなどが最新モデルを発売。

HTCのU11は今公式ショップで予約受付中。

http://www.htc-shop.jp/product/75

いったい価格はどれほどなんだろうか。

Snapdragon835や他のスペックなどを見ると

8万円前後ではないかと思われるけど。

GalaxyやiPhoneの最新モデルが10万円を超えるなど

スマホの高価格化は進んでいるけど

それでも売れるんだからスマホにそれだけの価値を見出してる人は多いと。

四六時中スマホを使っているなら

それなりにハイスペックのを買わないと

時間とかの無駄につながるからね。

 

そうそうハイエンドとは言えないが

中国メーカーのOppoが日本参入。

OPPO R11s Red 「R11s」Android 7.1.1 6.01型 メモリ/ストレージ:4GB/64GB nanoSIM R11SRD

OPPO R11s Red 「R11s」Android 7.1.1 6.01型

メモリ/ストレージ:4GB/64GB nanoSIM R11SRD

なかなかよさそうなスマホではあるんだけど

このスペックに6万円台はちょっと高いなあと思う。

個人的には49800円くらいで頑張ってほしかったなと。

逆に6万円台で出すのならCPUはSnapdragn835にしてほしかった。

ともかく僕は買う予定はないんだけど

いろいろ価格と性能と中途半端な感じで

かといってコスパが凄く良いわけでもないしなんだかなと。

いよいよ参入だと前評判は高かっただけにもう少し・・と。

 

SIMフリースマートフォンはいろいろあるが

66000円台でAppleのiPhone7が買えるので

少なくともこれは考慮してほしいなあと思う。

Apple iPhone7 A1779 (MNCE2J/A) 32GB ブラック 【国内版 SIMフリー】

Apple iPhone7 A1779 (MNCE2J/A) 32GB

ブラック 【国内版 SIMフリー】

中にはもっと安く買える場合もあると。

なんだかんだiPhoneのSIMフリーモデルを

利用している人も多いからね。

この価格を超えるなら相当の機能を持たないと厳しい。

これに劣るなら5万円台以下でないとね。

 

まあスマホだけど長く使うなら

やはりそれ相応の性能は欲しいなと思う。

格安SIMだからと妥協しても1年で買い換えるなら

最初から良いのを買っておいたほうが幸福度が高いのではないかと。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウォーキングとトイレ

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 23:31

今年に入ってダイエットを本格化。

ウォーキングも従来より長い距離を歩いて

またペースもアップしている。

土日などは時間をかけてロングウォーキングに挑戦。

自宅からの往復だけでなく鉄道等を利用して

自宅に帰ってくるというパターンも実行しつつある。

ただロングウォーキングにはトイレの問題がある。

 

2時間のウォーキングなら問題ないけど

4時間のウォーキングとなるとトイレ休憩が欲しい。

ただ汗をかけば基本的にトイレへそれほど行きたくはならないが

突発的にお腹がゴロゴロするリスクもある。

だから長い距離を歩くならトイレの場所は把握しておきたい。

最悪はコンビニ、できれば公園など公共施設の屋外トイレが理想。

最近はそれらを調べてマッピングして役立てようとしてる。

探せば意外とあるもの。

うちの近所の公園にも公衆トイレがあるけど

営業や配送の車が横に止まっているのをよく目にする。

 

ウォーキング時の装備だけど

ワンショルダーを背負って

その中にはタオル、折り畳み傘、LEDライト等入れている。

今は手袋も欠かせない。

あとドリンクも入れている。ロングウォーキングではドリンク必須。

明治 ヴァームウォーターパウダー グレープフルーツ風味 5.5gx30袋

明治 ヴァームウォーターパウダー

グレープフルーツ風味 5.5gx30袋

VAAMの粉を溶かして500mlのペットボトルで持っていく。

夏ならステンレスマグなどを利用して氷を入れていく。

10キロ歩くなら6キロくらいで飲むかな。

15キロなら10キロくらいで飲む感じで

後半に入ってエネルギーが切れた頃に

元気を出して家に帰るぞという感じで飲む。

これを飲むと汗で流れることが多いけど

トイレが近くになることもある。

逆にそうならないように前半には飲まないようにしている。

 

ちなみにウォーキングでは現金は基本持たない。

財布や免許証なども持たない。

だけど電子マネーは複数持っており

トータルで1万円以上にはなるのでコンビニでの買い物は可能。

だからコンビニで買い物ついでにトイレを借りるというのもあり。

駅のトイレは基本的に使えない。

大きな駅以外は基本構内にあるので利用者以外は使えないから。

まあ電車にもSuicaがあるから乗れるけどね。

 

ともかく無鉄砲にロングウォーキングするのではなく

公衆トイレの場所を把握してその道を通るルートを設定しておきたい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

TX2の発売よりTX1が買い時なのでは

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 22:31

Panasonicから

先日新しい望遠高級コンデジの

DC-TX2が発表された。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX2 光学15倍 ブラック DC-TX2-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX2

光学15倍 ブラック DC-TX2-K

発売は3月中旬でもうちょっと先。

1インチセンサー搭載の高級コンデジだけど

望遠を強化したモデルで

従来モデルの光学10倍から15倍へと性能アップしている。

またBluetooth接続に対応して

スマホとのWifi連携をよりスムーズに行えるようになっている。

他にもファインダーや液晶、4Kフォトなど

ハードやソフトの両面でパワーアップしている。

価格はまだ未定だけど

9万円台で発売されるようだ。

 

それを聞いてちょっと待てと。

機能的なアップは良いけど

個人的にそれほどたいした性能アップでもなく

安くなってきたTX1に対して9万円台はちと高いなと。

スペックをチェックしても光学10倍から15倍のアップは良いが

実際望遠カメラとして見る場合はそれほど大差がないし

望遠を求めるなら15倍でも全然足りない。

35mm換算で

TX1は25-250mm、TX2は24-360mm。

どうせならもう少し頑張って光学20倍の24-480mmを目指してほしかった。

さらに光学15倍化によりレンズが暗くなってしまっているのは残念。

よく使う広角側がF2.8からF3.3と少し暗くなっている。

Bluetooth常時接続のWifi連携は便利そうだけど

数万円アップするなら話は別だ。

 

今後旧モデルになるTX1は

6万円を若干切る価格で売られている。

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1 光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

Panasonic コンパクトデジタルカメラ ルミックス TX1

光学10倍 ブラック DMC-TX1-K

今こそTX1が買い時ではないかなと思ってみたりする。

1インチの高級コンデジは

LX9が7万円強、GX7MarkIIが65000円くらいで売られているが

TX1はその中でも一番安く買える。

レンズの明るさでは劣るものの光学10倍はスマホとの差別化に最適。

動画性能も非常に高いことを考えれば

旅カメラ、お出かけカメラとして万能に使えるTX1が一押しではないかと。

TX2はもちろん魅力ではあるんだけど

夏までは高値が続くだろうしTX1ほど下がるか分からないことを考えると

やはり今のTX1がいいなと思う。

 

僕が今海外旅行へ行く場合

買って持っていきたいカメラの筆頭がこのTX1。

LX9やGX7MarkIIも魅力だがもう少し望遠が欲しい。

動画も万能だしTX1こそ最後の買い時なのかな。

多分TX2の発売でTX1は生産終了となってしまうからね。

1ヶ月後にはTX2が発売されることを考えると

TX1が安く買えるのは3月末くらいまでか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>


recommend

【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル)
【国内正規品】 DJI Osmo Mobile 2 (3軸手持ちジンバル) (JUGEMレビュー »)

3軸ジンバルの最新モデル。前モデルから大幅な値下げを実施。バッテリーの持ちも格段にアップ。

recommend

HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue)
HUAWEI nova lite 2 【OCNモバイルONE SIMカード付】 (データSIM(ナノ), Blue) (JUGEMレビュー »)

Huaweiの最新SIMフリースマートフォン。18:9液晶で狭額縁を実現。そしてWレンズカメラ。

recommend

限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD]
限界に挑め! 天空の超人たち ~激走! 日本アルプス・2016~ トランスジャパンアルプスレース [DVD] (JUGEMレビュー »)

2016年8月に開催され9月下旬にNHKで放送された番組がDVD化。富山から静岡まで415キロ、日本アルプスを縦走する過酷レースだ。

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM